INTRODUCTION

ラース・フォン・トリアー監督 最新作
完全ノーカット版 日本上映
カンヌ国際映画祭 公式上映では途中退出者続出!!
映画史に刻まれる、賛否両論“破格の問題作”で華麗なるカムバック
『奇跡の海』(96)でカンヌ国際映画祭グランプリ、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)で同・パルムドールを受賞。輝かしい受賞歴を誇る一方、『アンチクライスト』(11)や『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』(13)などあらゆるタブーに物怖じせず大胆なテーマに切り込み、観る者を挑発するかのような作風で常に物議を醸してきたラース・フォン・トリアー監督最新作『ハウス・ジャック・ビルト』が遂に日本公開。問題発言をしたことでカンヌから追放処分を受けたトリアーは、本作のアウト・オブ・コンペティション部門出品で7年ぶりのカンヌ復帰を果たす。ところが、公式上映では観客の想像をはるかに超えた過激な仕上がりゆえ途中退出者が続出、一方で上映終了後には、盛大なスタンディングオベーションがわき起こり、賛否まっぷたつの異様な興奮に包まれた。

主演に『クラッシュ』(06)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマット・ディロンを迎え、共演にユマ・サーマン、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス、そして惜しくも先頃逝去したブルーノ・ガンツほか、豪華個性派俳優が脇を固める。さらに、劇中ではジャックが敬愛するピアニスト、グレン・グールドの演奏風景、デヴィッド・ボウイの「フェイム」といった映像フッテージやヒットナンバーをフィーチャー。トリアーの過去作の場面をモンタージュしたシークエンスにもド肝を抜かれる。

ちなみに本作の題名は、一節ごとに歌詞が長くふくらんでいくマザーグースの積み上げ歌『This is The House That Jack Built』から付けられている。世界で最もセンセーショナルな鬼才が、キャリアの集大成のごとく打ち立てた“神をも恐れぬ”衝撃と戦慄の大長編。アメリカでは業界団体MPAAの審査によって修正版で上映されたが、日本では無修正版での公開が決定した。
マット・ディロン×豪華キャストが体現!
 映画史上まれに見るほど異常な主人公ジャックを演じるのはマット・ディロン。1980年代にハリウッドの青春スターとして一世を風靡し、人種差別主義者の警官を演じた『クラッシュ』(04)ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたスター俳優が、持ち前のダークなカリスマ性を存分に発揮し、予測不可能な言動と恐ろしくも魅惑的なオーラで観客を圧倒する。

 不運にも劇中でジャックとめぐり合う登場人物たちにも、豪華キャストが配された。冒頭間もなくまさかの運命をたどる最初の被害者役に、『ニンフォマニアック Vol.1』でも強烈なインパクトを残したユマ・サーマン。全編にわたってジャックと対話を交わし、クライマックスに姿を現す謎の人物ヴァージを、『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー ~最期の12日間~』の名優ブルーノ・ガンツが演じる。加えて、『アンダー・ザ・シルバーレイク』のライリー・キーオ、TVシリーズ「THE KILLING/キリング」のソフィー・グローベール、『プライベート・ライアン』『ドッグヴィル』のジェレミー・デイヴィスらの個性派が、それぞれ衝撃的な役どころでお目見えする。

 そして前作『ニンフォマニアック』で世界中を驚嘆させたトリアーのストーリーテラーとしての変幻自在の技巧、イマジネーションは今回も健在。ジャックが敬愛するピアニスト、グレン・グールドの演奏風景、デヴィッド・ボウイの「フェイム」、レイ・チャールズの「旅立てジャック」といった映像フッテージやヒットナンバーをフィーチャー。

STORY

魅了され、狂わされ、果てしなく堕ちる――
1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する・・・。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、 “ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡。米国映画協会(MPAA)の審査により全米公開時には一部本編がカットされたが、このたび日本では完全ノーカット版での上映が実現した。

DIRECTOR

監督/脚本:
ラース・フォン・トリアー
Lars Von Trier
『エレメント・オブ・クライム』(84)カンヌ国際映画祭フランス映画高等技術委員会グランプリ受賞 ※長編デビュー作
『エピデミック~伝染病』(87)カンヌ国際映画祭ある視点部門出品
『ヨーロッパ』(91)カンヌ国際映画祭審査員賞、フランス映画高等技術委員会グランプリ受賞
『奇跡の海』(96)カンヌ国際映画祭グランプリ受賞
『イディオッツ』(98)カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)カンヌ国際映画祭パルムドール受賞 ※最高賞
『ドッグヴィル』(03)カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
『マンダレイ』(05)カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
『アンチクライスト』(09)カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
『メランコリア』(11)カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品
≪主な作品≫
『イディオッツ』(98)、『ドッグヴィル』(03)、『ラース・フォン・トリアーの5つの挑戦』(03・未)、『マンダレイ』(05)、『アンチクライスト』(09)、『メランコリア』(11)、『ニンフォマニアックVol.1/2』(13)など

CAST

マット・ディロン
Matt Dillon
『アウトサイダー』(83)、『ランブルフィッシュ』(83)、『ドラッグストア・カウボーイ』(89)、『聖者の眠る街』(93)、『誘う女』(95)、『メリーに首ったけ』(98)、『シティ・オブ・ゴースト』(02)、『クラッシュ』(04)、『酔いどれ詩人になるまえに』(05)、『ジーサンズ はじめての強盗』(17)
ブルーノ・ガンツ
Bruno Ganz
『アメリカの友人』(77)、『ベルリン・天使の詩』(87)、『春にして君を想う』(91)、『永遠と一日』(98)、『ヒトラー ~最期の12日間~』(04)、『バルトの楽園』(06)、『悪の法則』(13)、『エレニの帰郷』(08)、『手紙は憶えている』(15)
ユマ・サーマン
Uma Thurman
『バロン』(89)、『パルプ・フィクション』(94)、『ガタカ』(97)、『レ・ミゼラブル』(98)、『ギター弾きの恋』(98)、『チェルシーホテル』(01)、『キル・ビル』(03)、『ニンフォマニアックVol.1』(13)
シオバン・ファロン
Siobhan Fallon
『フォレスト・ガンプ/一期一会』(94)、『メン・イン・ブラック』(97)、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(00)、『ドッグヴィル』(03)、『ファニーゲーム U.S.A.』(08、『少年は残酷な弓を射る』(11)
ソフィー・グローベール
Sofie Gråbøl
テレビドラマシリーズ「THE KILLING/キリング」(07-12)、『巨人と青年』(92)、『ミフネ』(98)、『きっと、いい日が待っている」(17)
ライリー・キーオ
Riley Keough
『ランナウェイズ』(10)、『マジック・マイク』(12)、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(15)、『イット・カムズ・アット・ナイト』(17)、『ローガン・ラッキー』(17)、『アンダー・ザ・シルバーレイク』(18)
ジェレミー・デイビス
Jeremy Davies
『プライベート・ライアン』(98)、『ミリオンダラー・ホテル』(00)、『セクレタリー』(02)、『ソラリス』(02)、『ドッグヴィル』(03)、『マンダレイ』(05)